傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(10)睡眠時無呼吸症候群

平成11年3月に心筋梗塞で大学病院循環器内科にて 入院手術を受けて以降、3か月ごとに経過診察と投薬 を受け、半年置きに1回ホルター心電図検査(24時間 )を受けるために通院しておりました。 平成23年9月21日のホルター心電図検査において 激しい頻脈が計測され、担当医師から緊急電話連絡が ありました。睡眠中に頻脈の意識はなかったのです。 …

続きを読む

傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(9)高血圧症

平成11年3月に心筋梗塞で経皮経管冠動脈形成手術 を受けて以降、心臓への負担を減らす上から、血圧抑 制剤の服用を続けておりました。 平成24年1月頃から、土地の境界をめぐる訴訟相手 からの嫌がらせを受けて、ストレスから血圧がしだい に上昇しておりました。 平成20年2月の血管新生治療入院時の血圧と、平成 21年7月大腸癌治療入院時の血…

続きを読む

傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(8)前立腺肥大症

平成22年10月、排尿時に何の前ぶれもなく突然血尿 がわずかですが出ました。 平成16年に大腸癌を手術した経緯があることから、前 立腺癌の疑いが胸をよぎりました。 前立腺について調べたところ、男性の生殖器のひとつで 約15gのクルミ大、膀胱の下方・直腸の前方に位置し 尿道の周りを取り囲んでいます。 前立腺肥大症と前立腺癌が主な…

続きを読む

傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(7)腰椎分離すべり症

中学生時代に柔道の稽古で町道場へ通い、大人相手の稽 古で投げ飛ばされて、したたか腰を打ちました。 それが原因なのか平成16年秋頃にぎっくり腰を発症し 最寄りの整骨院に通い治療を受けておりました。 腰痛の治癒がはかばかしくないことから病院へ行くこと にしました。 平成19年7月大学病院整形外科外来で腰痛及び下肢痛 の診察…

続きを読む

傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(6)慢性胃炎

平成20年夏頃から夕食後に胃の膨満感、顔の火照り・ 赤らみ、頭がのぼせた気分になる、ことがたびたび起き るようになってきました。 夕食時の飲酒量はビールをコップ1杯程度が限度で、ア ルコールは好む方ではありませんでした。 アルコールは体内に入るとアセドアルデヒトという有害 物質に変り、酵素の働きで無害の酢酸に分解されます。 分…

続きを読む

傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(5)ドライアイ

平成18年の秋冬の頃、目が乾く・目がかすむ・目がゴ ロゴロ・目がショボショボ・目が痒い・目が疲れる・目 が痛い、身体を酷使していないのに頑固な肩こり・首が 固まる・背中がこるなどで悩まされていました。 最寄りの眼科医院で検査した結果、ドライアイでした。 冬の季節は空気が乾燥している上に、エアコンなどの暖 房機使用で部屋の空気が乾燥し、肌だけ…

続きを読む

傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(4)大腸癌

平成16年6月13日朝、自宅トイレで3回に渡り下血 がありました。 大学病院救急救命センターへ駆け込み診察を受けました ところ、消化器内科へ緊急入院となり、保存的治療がほ どこされ、取りあえず下血は治まりました。 翌日からは検査続きとなり、大腸拡大内視鏡検査の結果 横行結腸に癌が発見されました。 横行結腸癌は臨床病期が粘膜…

続きを読む

傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(3)心筋梗塞

平成10年春頃から胸痛が起きるようになりました。 数日後には大学病院循環器内科、に検査入院の予約をし ておりました。 平成11年3月15日の夕方から、ひんぱんに胸痛が起 きるようになってきました。 約2年半前に脱サラ起業して以降、ときどき瞬間的にか すかな胸痛が起ることがあったのですが、創業期の気せ わしさから胸痛を我慢してきたのでし…

続きを読む

傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(2)閉塞性動脈硬化症

30歳の春、約10年前の交通事故による左大腿部打撲 痕の後遺症ではとの疑いに、加えて喫煙と高コレステロ ール値とが相まって、左足第3指先に痛みを伴うチアノ ーゼ(紫色)現象が現れてきました。 結婚を数日後に控えた時期に、知り合いの皮膚科医院を 訪ねて応急処置を受けました。 その皮膚科医院へはその後、2年間に渡り通院をしまし たが、治療…

続きを読む

傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(1)交通事故大腿打撲傷

21歳の春、オートバイ(ホンダ360cc)で荷物を運搬 中の事故でした。 晴れた日の夕暮れ間近の時間帯に、交通渋滞の明治通り を日光街道と交わる交差点の1つ手前の赤信号交差点で 一時停車しました。 信号が青信号に切り替わるや、早々に先頭を切って飛び 出しました。 進行方向の前方交差点信号は赤で、対向車は無くスピー ドを出…

続きを読む