傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(3)心筋梗塞


平成10年春頃から胸痛が起きるようになりました。

数日後には大学病院循環器内科、に検査入院の予約をし

ておりました。



平成11年3月15日の夕方から、ひんぱんに胸痛が起

きるようになってきました。



約2年半前に脱サラ起業して以降、ときどき瞬間的にか

すかな胸痛が起ることがあったのですが、創業期の気せ

わしさから胸痛を我慢してきたのでした。



胸痛の強さと頻度がじょじょに増してきたのです。



翌日には重要な仕事が控えており我慢をしていましたが

夜半過ぎても胸痛が治らず、日付が変わった午前2時過

ぎには耐えきれなくなり救急車を要請して、検査予約の

ある大学病院救急救命センターへ運び込まれました。



当直医は直ちに点滴治療を行いましたが胸痛は治まらな

かったことから、在宅の専門医スタッフに電話で出動要

請して、手術室へ移動しました。



専門医スタッフが集合してから、急きょカテーテル検査

が行われました。



カテーテルは内腔を有する太さ2~3mmの柔らかい細

い管で、太もも付け根を局所麻酔して、カテーテルを血

管の中を通して心臓まで進め、動脈や心臓の画像を撮る

ことによって、血管の梗塞個所が特定されます。



治療方針が決定されることから、治療には必要な検査で

あります。



心臓右冠動脈に高度狭窄が認められたことから、全身麻

酔をかけられ経皮経管冠動脈形成術という手術に移行し

ました。



右冠動脈狭窄部分にカテーテルを挿入し、バルーン(風

船)を膨らませ冠動脈を押し広げてからステント(金属製

の網目の筒)を広げて装着しました。



手術後に麻酔の効いた意識のおぼろな夜を過ごし、絶対

安静の日々が1週間程続きました。



手術後経過は順調に推移し、3月28日には退院するこ

とになりました。



入院治療費は、入院料・手術料・検査料・画像診断料・

投薬料・注射料・処置料等で医療保険適用して約58万

円でした。



後日区役所国保給付係から高額療養費に対し自己負担月

額限度額を超えた金額が還付され、実質負担額は支払入

院診療費の約12%で済みました。



命にかかわる重症患者に、高度な手術を短時間に安価に

治療できたことに、日本の医療技術水準の高さに誠心誠

意敬意を表します。

併せて、日本の医療保険制度には感謝いたしました。



看護師から退院後の注意を、次の通り言われました。

①体重、②塩分・水分、③夜中トイレ回数、④尿量減少

⑤暴飲・暴食、⑥血圧、⑦脈拍数(動悸)、⑧ストレス、

⑨睡眠、⑩歩行習慣化、




動脈硬化症予防の食事には、次の通りです。

①脂肪制限・種類選別。

②コレステロール1日300mg以内。

③食物繊維をとる。

④アルコールはビール大ビン1本又は日本酒1合程度。

⑤砂糖・果糖制限。

⑥栄養バランスをとる。



今回の入院手術で、命を助けて頂いたと思いました。

日本に生まれ・住んで、本当に良かったと思いました。



退院後、毎月経過観察を受けに通院しておりました。



手術後の状態を確認するための検査入院を、平成11年

9月7日にすることになりました。



検査はカテーテルを血管の中を通して心臓まで進め、冠

動脈や心臓の画像を撮るためです。



太もも付け根をからカテーテルを血管の中を通して、心

臓まで進め動脈や心臓の画像を撮ることによって、手術

後の右冠動脈狭窄部分にステントを装着した具合と梗塞

個所の状態を確かめるものでした。



検査結果は異常無く何ら処置を施すことも無く無事に終

了して、9月11日に退院しました。



入院検査費用は、入院料・手術料・検査料・画像診断料

投薬注射料等で医療保険適用し約18万円でした。



後日区役所国保給付係から高額療養費に対し自己負担月

額限度額を超えた金額が還付され、支払入院検査費用の

約35%の負担で済みました。



少子高齢化の折、医療費財政がふくらみ続けるなか、現

行医療制度を維持していくには、消費税増税は止むお得

ないことなのかと思われました。



心筋梗塞は調べたところ、高齢者に限らず、若い人にも

若年性心筋梗塞があることが分かりました。



心筋梗塞・狭心症は心臓の筋肉に血液を送る冠状動脈の

動脈硬化が原因で狭心症や心筋梗塞を発症します。



冠状動脈の動脈硬化は、①老化、②喫煙、③高血圧、④

高コレステロー血症、⑤糖尿病、が主な原因と考えられ

ています。



しかし高齢者ばかりでなく若い人やタバコを吸わない人

にも冠状動脈の動脈硬化は起こります。



医師に聞いたところ、何か知れない原因があると考えら

れています。



それは動脈硬化が起こりやすくなるいくつかの遺伝子が

知られており、遺伝子検査方法は、通常の採血同様15

ml程度の血液を採取します。



採取した血液からDNAを取り出し、動脈硬化が起こり

やすい遺伝子に異常がないかを調べることです。



DNAは生物すべてが持っている物質で、生物はそれぞ

れ個々に形が少しずつ違っています。



DNAのどこかが親に似ているところがあるものです、

生きているもの全ての形や性格を作るために、また命を

つなぐために一番大切なものがDNAなのです。



DNAの検査結果が出るまでには長い期間を要します。

DNA検査結果異常が見つかった人には報告されますが

異常が無い人には通常報告はないようです。



DNA検査は受けましたが、報告はありませんでした。



しつこい肩こり・背中のこり、運動すると息苦しい、他

人より汗をかく、時折目まいがする、などがあれば心筋

梗塞を疑ってみることです。



退院後、経過観察の診察と投薬を受けに、3か月おきに

通院しています。



世界的に高い水準にある日本の医療環境にあって、この

世に生を受け命はてるまで生きて行くには、前進するの

みの途中で身体をそこね、身にしみて気付いたことは健

康の有り難さでした。




この記事へのコメント