傷病―診察・入院・手術・通院―克服記(9)高血圧症


平成11年3月に心筋梗塞で経皮経管冠動脈形成手術

を受けて以降、心臓への負担を減らす上から、血圧抑

制剤の服用を続けておりました。



平成24年1月頃から、土地の境界をめぐる訴訟相手

からの嫌がらせを受けて、ストレスから血圧がしだい

に上昇しておりました。



平成20年2月の血管新生治療入院時の血圧と、平成

21年7月大腸癌治療入院時の血圧との平均値は上(収

縮期)118mmHg、下(拡張期)70mmHg、脈拍

数73bpm、の至適血圧でした。



平成22年1月~平成24年1月の通院時の平均血圧

は上146mmHg、下79mmHg、脈拍数73b

pmと高くなっていました。



血圧の分類は次の通り(上限値)です。

至適血圧   上120mmHg/下 80mmHg

正常血圧   上130mmHg/下 85mmHg

正常高値血圧 上140mmHg/下 90mmHg

Ⅰ度高血圧  上160mmHg/下100mmHg

Ⅱ度高血圧  上180mmHg/下110mmHg

Ⅲ度高血圧  上200mmHg/下120mmHg

心筋梗塞者  上130mmHg/下 80mmHg



血圧分類からⅠ度高血圧に相当することから、平成2

4年1月14日に大学病院循環器内科外来で診察の結

果、高血圧症と診断されました。



血圧について調べたところ、血圧は季節によっても変

化します、冬は血圧が上がりやすくなる季節で寒さを

感じた時に交換神経が緊張して血管を収縮させ、血液

の流る量を減らし体から熱が奪われるのを防ぎます。



血圧は心臓が送り出す血液の量と、血液が流れる血管

の太さによって決まります。



細く通りにくくなった血管に、同じ量の血液を流そう

とするために、血圧は上りやすくなるのです。



脳卒中や心臓病の原因の1つが高血圧であることを考

えると、脳卒中や心臓病の予防のために、血圧が上り

やすい冬場は特に注意が必要です。



屋内から屋外へ出る時も、寒暖の差から血圧の上昇が

見られます。



入浴の際の薄着で寒い脱衣所に入る時にも血圧の上昇

が見られます。



手足の一部を冷やすと短時間の内に血圧が上がるとい

う研究もあります。



たとえ短時間でも冷たいものに触れていたり、寒さの

中で我慢することは血圧に良くないことです。



国が集計した家庭の浴槽での溺死者数は、2004年

の2870人から2014年は4866人に増加して

おり内約9割が65歳以上でした。



東京都の調査によると、年間推計1万7千人が入浴に

関連死し、圧倒的に高齢者が多く、大半が冬場に発生

しています。



原因の1つはヒートショックと言われ、寒い脱衣所で

服を脱ぎ、すぐに熱い湯につかると血圧が急変し、脳

出血や脳梗塞・心筋梗塞を引き起こし、意識を失うな

どして死に至る危険があるのです。



持病のある高齢者は特に注意が必要で、入浴前・後に

コップ1杯の水分補給が提唱されています。



冬場の対策として、脱衣所に暖房機を置くことに加え

入浴前に浴槽のふたを開け湯気やシャワーで浴室を温

めておくことが有効です。



42度以上の湯温ですと血圧・心拍数・エネルギー消

費量などの影響から発汗で血液の粘性が高まり、血栓

が出来やすくなります。



加えて高湯温は出来てしまった血栓を溶かす防護機能

も低下させ心筋梗塞や脳梗塞を招く危険があります。



最初の3分間が危険で、ぬるま湯で半身浴をし・その

後追い炊きし39~41度の湯温で長くても10~1

5分以内にとどめた方が良いといわれています。



高血圧治療は薬物療法になり、定期的に血圧測定と投

薬を受けに、心筋梗塞の診察に併せて、3か月置きに

通院しております。



世界的に高い水準にある日本の医療環境にあって、こ

の世に生を受け、命はてるまで生きて行くには、前進

するのみの途中で身体をそこねて、身にしみて気付い

たことは健康の有り難さでした。

この記事へのコメント